■万葉荘|陶芸教室やお茶室、名物釜飯、庭、お風呂が自慢でまごころのおもてなしが大好評の宿■

■サイトタイトル■

HOME > ■メールマガジン■

■メールマガジン「ゆがわら散歩」■


┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ゆがわら散歩 No.21 2010年10月17日配信  by湯河原万葉荘

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■天照山ハイキング体験記(その1)

~湯河原駅から「天照山」バス停まで~

湯河原には四季別ハイキングコース(※注)がありますが、秋は「天照山ハイキングコース」。

今号から4回に分けてコース体験記をご紹介します。

※注
春/城山ハイキングコース
初夏/南郷山ハイキングコース
冬/幕山ハイキングコース

★取材日:2010年10月13日(水)

●湯河原駅出発

天照山ハイキングコースは、椿ラインにある「天照山」バス停から奥湯河原の先「広河原」バス停付近までのコースです。

「天照山」バス停から下る方法と奥湯河原から上る方法がありますが、今回は下る方法をとりました。

結論から言えば、結構な勾配がありますから脚に自信のある方は上りでも大丈夫ですが、そうでなければ下りをお勧めします。

さて、「天照山」バス停までは、湯河原駅前の箱根登山バス乗り場4番から元箱根港行きに乗ります。

バスは1時間に1本、しかも9時から13時台の5本だけ。

平日も土日も同じで、8月から11月末までは土日に限り14時台もあります。

このバス、SuicaやPasmoが使えるので便利です。

均一料金ではないので、乗車時にタッチするセンサーと降車時にタッチするセンサーが別々にあります。

「天照山」バス停までは800円。

乗車前に駅前の観光案内所でマップやチラシをもらっておくと良いでしょう。

分からないことがあれば確認してください。

バスは、湯河原温泉の街を抜けて奥湯河原入口を経由し、「椿ライン」を登っていきます。

途中、別のハイキングコースの入口となる「城山入口」や「ししどの窟」バス停を通ります。

「椿ライン」の正式名称は「神奈川県道75号湯河原箱根仙石原線」で、湯河原と箱根町を結んでいます。

総距離は38.8 km、「天照山」バス停まではかなりの上り坂、しかも九十九折です。

この道路、その名の通りたくさんの椿が沿道を彩るそうです。

見ごろは2月下旬~4月中旬とのこと。

●「天照山」バス停到着

さて、湯河原駅を11時40分発に出発したバスは、「天照山」バス停に12時15分に着きました。

バス停には古びた時刻表のスタンドが2本あるだけ。

ハイキングコースの案内もありません。

山の下に向かってちょっと広い道があるので入っていくと、「天照山ハイキングコース」の道標がありました。

いよいよ出発です。

PageTop




〒259-0303 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥3-6■TEL :0465-62-3755(代)■FAX :0465-63-4033■Eメール:info@manyoso.jp

 

HOME - お風呂 - お料理 - お部屋 - 館内のご案内 - 万緑窯 - 湯河原の四季 - 交通のご案内 - 予約状況 - メールマガジン - イベント - サイトマップ